一つの手段にする

住宅を購入する際には住宅ローンを組まれる方がほとんどと思います。
1部上場企業であれば融資金額は高めに設定しておいても融資はしてくれますし、残高の返済もさほど苦労することはあまりないかもしれません。
しかし、何らかの事情で、あるいは企業の倒産、赤字経営からのボーナスカットなどで返済が難しくなってしまった場合、住宅ローンを当てた不動産を売却しないといけなくなってくることもあります。
しかし融資の担保として、不動産に抵当権を設定して保険をかけています。
この抵当権がつけられた不動産はそのままでは売却できず、抵当権を解除する必要があります。
そして債務を残したまま金融機関との同意のもと、抵当権を解除し、売却することを任意売却といいます。
任意売却することで不動産を売ったとき、残価が売却金額より下回るか、上回るかで処分ができるわけでして、双方にメリットはあります。
しかし、任意売却をしないことでリスクを負ったまま競売にかけられることを避ける一つの手段と考えれば任意売却のメリットを得られるでしょう。

自己破産する前に

任意売却とは何でしょうか。
それは自宅を売るということなのですが、普通に売却するのと違うのは、住宅ローンが払えなくなった場合に、自己破産しか道がないのかと思いきや、この任意売却の方法があるのです。
任意売却とは融資先から許可を得て住宅を売るのです。
ローン会社は融資する担保として、抵当権というのを設定しています。
この抵当権は返済が滞った時の為の保険であり、住宅を販売したいならば、この抵当権を解除しなければなりません。
抵当権解除には融資額の残りを全部返済しないといけないのですが、住宅の販売額が融資額の残り全部をカバーするほどの値段が付かない場合、前もって抵当権の解除の合意を求めて家を販売する。
それが任意売却なのです。
自己破産してしまうと、ブラックリストに載ったりして後々色々な苦労がやってくるでしょう。
そうなる前に、任意売却できるか確認することをお勧めします。
未来のことも考えて、どれが自分に一番いいのか考えてみてください。